塗装の仕事

塗装工はどんな人が向いてる?安定した収入を求めるなら工場勤務?

塗装工はどんな人が向いてる?安定した収入を求めるなら工場勤務?

 

塗装工になって、8年が経ちました。

塗装工といってもけっこう種類があるのですが、僕の場合は以下の通り。

 

  • 過去に建築塗装を5年間経験
  • 現在は工業塗装3年目(工場勤務)

 

これらを経験して、どちらも中身が全然違うので、向いている人っていうのが分かれると感じました。

 

最初に言っておくと、建築の塗装工として働くのは、けっこう体力を使います。体を動かす仕事が嫌いな人にはオススメしません

 

「ペンキ塗るの好きだし~」っていうノリの人はやめておいた方がいいでしょう。

 

この記事で解決できること

  • 塗装工として働いてみたいけど自分に向いているかな?
  • 自分に向いているのは現場?それとも工場勤務?

 

こういった疑問に答える内容になっています。

「塗装工に興味はあるけど、よくわからないし、、、」と思っているあなたの参考になればと思います。

 

塗装工はきつい?どんな人が向いてる?

塗装工はきつい?どんな人が向いてる?

 

塗装工は思っているよりきついです。

 

  • 建築⇒屋根や足場の上での作業がきつい
  • 工場⇒1日中、塗りっぱなしできつい

 

どちらも体力的にきついって感じです。

工場勤務は体力的には少し楽ですが、塗装している時間が長いのできつい。

 

慣れもありますが、とにかく体力は使いますね。

 

建築の塗装工に向いている人

 

建築現場で働くのがメインなので、毎日違う現場に行くこともけっこうあります。現場が変わると気分も変わるので、けっこういいもんですよ。

 

現場に8時着が基本なので、現場が遠いと早起きです。

 

向いてる人の特徴

  • 手先が器用
  • マメな性格
  • シンナー臭が平気(お酒飲める人はダイジョブ)
  • 早起きできる(寝坊する人も普通にいる)
  • 体を使うのが好き
  • コミュ力が高め(クセが強めの人が多い)

 

ざっくりこんな感じですかね。

 

職人なので、技術で勝負です。仕事を覚えれば年数なんか関係なしに評価されます。1人で出来る作業も多いので、現場を任されたら割と自由。

 

自分で考えて行動できる人はハマると思います。

 

毎日のように違う仕事内容だったりするので、飽きやすい人にはいい刺激ですね。現場によって、入る人数が違ったりするので、段取りも違えば役割も違います。

 

一般的な会社員とは違った世界なので、未経験の人からしたら特殊な環境に思えるかもしれませんが、慣れたら楽しいです。

 

現場仕事で嫌だったこと

 

休みが不定期、、、冬は暇。

 

かなり天候の影響を受けるので、日曜日も仕事っていうのがざらにあります。

 

遊びに行ったり、デートの予定がたてれないですね。絶対休みたい日は前もって言っておかないとダメです。

 

雪の降る地方は冬は全く仕事をしない会社もあるので、バイトor冬季の失業保険で生活費をまかないます。

 

僕は雪が降る地方住みですが、冬は仕事が少ないけど出勤していました。

会社によって違うので、必ず確認しておきましょう。

 

冬は働きたくないって人はいいかも笑

 

工場勤務の塗装工に向いている人

 

工場勤務になると、毎日会社に出勤して会社で働く。まぁ当たり前のスタイルですね。

 

僕にとっては初めての経験でした。ぶっちゃけ楽しくない笑

 

向いてる人の特徴

  • 手先が器用
  • マメな性格
  • シンナー臭が平気(お酒飲める人はダイジョブ)
  • 決まった時間に通勤したい
  • 直射日光は避けたい
  • 基本的に同じ作業が平気

 

大きく違うのは作業環境ですね。

 

現場仕事と違って「自分の持ち場」で作業するので、基本的に同じ作業を繰り返します。

 

塗装する人は1日中ブースで塗ってます。その分、仕事に慣れるのも早いかもしれませんね。色んな作業をこなすのが苦手な人には仕事を覚えやすい環境です。

 

工場勤務の仕事をしたことがある人なら、雰囲気はわかるのではないでしょうか。その塗装バージョンです。

 

工場勤務が嫌だと思ったこと

 

とにかく毎日同じ場所で仕事する環境が退屈です。こういう感じの職場環境って普通なんですよね?

 

1日の作業時間は建築の頃よりは減ったんですが、中身が濃いです。1つの作業をやっていることが多いので、飽き症の人は向かないかも。

 

ずっと塗っているのも大変。けっこう疲れます。

 

安定した収入を求めるなら工場勤務の塗装工

安定した収入を求めるなら工場勤務の塗装工

 

収入が安定しているのは工場勤務です。

 

天候に左右されないのがメリット

 

工場内での作業なので、どんな季節でも安定しています。

 

雨が降っても段取りが変わることもないし、直射日光もありません。現場と比べたら疲労感も違いますね。

 

結論、「大変だけど、現場と比べると楽」

 

日曜休みは普通だし、全体的に休みも増えました。普通のことなんですかね?笑

 

僕としては、ようやく普通の会社員っぽくなった感じがしています。天気予報を見なくなったのが大きな変化です笑

 

建築現場のときは、平日の雨が楽できる日で、「日曜は雨降れっ、、、!」って思ってたくらいです。

 

毎日天気を気にせず仕事ができるって、いいものです笑

 

工場の設備次第では楽な作業も増える

 

設備がしっかり整っている会社は楽です。環境は会社の設備によって大きく変わるので、そういった所を見た方がいいかもしれません。

 

あと、会社によって取り扱っている製品が違います。塗る製品のサイズが大きい程、体力的にきつくなります。

 

設備次第では、快適に作業を進めることができるので、辛い環境を避けるためには「設備環境」をよく調べましょう。

 

自分に向いている環境選びが大事です。

 

まとめ:どちらの塗装工も将来に不安はある

 

「建築」と「工業」のどちらが将来性があるかについては、難しいところですね。

 

  • 建築⇒若いうちはいいけど、、、
  • 工業⇒これからはAIによる機械化が進んでいきそう

 

上記の通りです。不安はゼロではありません。

 

安定した職業というのは少ないかもしれませんが、塗装という技術。「手に職を持つ」という選択肢の1つです。

 

塗装は繊細な作業も多いのですが、キレイに仕上がった時は嬉しいものです。

 

技術を覚えるのは大変だけど、覚えた技術は忘れるものではありません。

 

楽しいことばかりではないですが、技術や知識は自分を助けてくれるものです。おかげで、DIYはプロの仕上がりです。

 

以上です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

関連記事塗装屋に就職するあなたが会社選びに"失敗"しないためにすべきこと

© 2020 塗装ラボ