テクニック

【解決】木材塗装でニスは必要なの?おすすめのニスも紹介します。

【解決】木材塗装でニスは必要なの?おすすめのニスも紹介します。

知りたい人
ニスってめんどくさいな。ワックスとかのほうが簡単じゃないの?

たしかに手間はかかりますが、ニスは他の塗料に比べて、木材を長持ちさせる効果が高いんですよ。

ニスを使わない理由が見当たらない

  • ニスは安いしコスパ最高
  • コツを掴めばきれいに仕上がる
  • 耐久性が高くて使いやすい

ひと手間加えるだけで、耐久性のレベルがアップします。効果は塗装歴9年の僕が保証します。ただし、ニスを使うのは室内だけにしてください

けーぶる
この記事を読めばニスを使うおすすめの場所や、注意点がわかります。3分ほどお付き合いください。

木部塗装でニスは必要なの?メリットを解説

木部塗装でニスは必要なの?メリットを解説

結論、プロ使用に耐久性に近づけるのならニスを使うしかありません。

仕事でも、自然塗料などを指定されない限りは「着色⇒クリアー(ニス)」の仕様で作業を進めていました

ニスを使うメリット

  • 耐久性が高くなる
  • 仕上がりがキレイ
  • 安いうえに使い勝手もいい

商品として提供するならニスですね。

家具やテーブルなんかもウレタン塗装で仕上げてありますよね。

耐久性が高くなる

ニスは木材に「塗膜」を作り保護するもの

オイルステインで着色したあとに塗ると、保護+色落ちしにくくなる効果があります。もちろん木の色味を際立たせるクリアー塗装もOKです。

クリアーといっても、塗るだけで木材が深みのある色になりますよ。木材の種類にもよりますが。

仕上がりがキレイ

ニスはきちんと手間をかければキレイに仕上がります。とにかく水性を使ってみてください

ニスを塗る手順

  • 下地処理をしっかり行う
  • 薄く均一に塗装する
  • ペーパーと塗装を繰り返す

プロの仕上がりを目指すには、ペーパー掛けにどれだけ気合い入れるかです。それ以外は道具でなんとでもなります。

安いうえに使い勝手もいい

手間がかかるけど、金額を安く抑えられるのがニスです。

ホームセンターでも購入できるし、そんなに量を使うわけでもないので、コスパもよし。

ニスって透明だから大きな失敗もないんですよね。ここ重要。カラーニスは使いにくいですもん。

ニスはどんな場所に使えばいい?注意点はあるの?

ニスはどんな場所に使えばいい?注意点はあるの?

ニスはキズや汚れからも木材を守ってくれるので「頻繫に使用するモノ」に塗るべきです。

ただし、ニスは必ずし室内で使ってください。基本的に紫外線をうけると劣化が早いので、窓際なんかは特に苦手です。

まぁどんな塗料を使っても太陽だけは弱点です。

汚れやすい場所はニスがおすすめ

ニスを塗ると汚れがつきにくくなり、お手入れも簡単。基本的に拭き取ればOKです。

キッチンやテーブルはニスが向いています。よく使う場所は、摩擦(まさつ)で傷みやすくなっているため、ある程度の強度が必要なのです。

塗膜があるからこそ強度を保てます。

木のぬくもりを残すのは苦手

もし、木の肌触りを残したいのならニスは向いていません。自然塗料をおすすめします。

ニスは木材の表面に塗膜を作るのもの。キレイにすればするほど、肌触りはプラスチックみたいになります

とはいえ、あまりメンテナンスしなくていいのがニスのいいところなので、デメリットにはならないかなと思います。

油性よりも水性が使いやすい

迷わず水性のニスを使ってください。性能的には十分です。

ホームセンターにも売っている油性ニスは弱溶剤といって、とにかく乾きが遅い。埃がつく可能性が高く使いにくいです。

弱溶剤とは「ペイントうすめ液」で希釈できるものですね。強度は高いんですが、使いにくいのでDIYにはおすすめしません。

カラーニスはおすすめしない

ニスの中に色が混ざっているので、クリアーよりも使いにくい。

透明なニスと比べると、、、

  • ムラになりやすい
  • 色落ちしやすい
  • 失敗すると直すのが大変

木材にムラなく色を付けるのは大変。あとが付きやすいし、きれいに仕上げるのは難しいです。

できればオイルステインで着色してからニスを塗るほうが簡単ですよ。

関連記事オイルステインをキレイに塗るコツ【失敗しない方法を紹介します】

安全を考えるなら天然素材

塗って拭き取るだけで仕上がるうえに、木の肌触りも残せる天然素材の塗料はDIYに最適です

木材に刷り込むように塗装するものです。表面に塗膜ができないので、木のぬくもりをそのまま残せます。

色んな種類がありますが、下記の記事におすすめをまとめたので、参考にしてください。

関連記事DIYにおすすめの自然塗料ランキング3選!初心者向けに種類と選び方も解説

プロが選ぶおすすめのニスを紹介!

プロが選ぶおすすめのニスを紹介!

実際に使えるニスを紹介します。性能、使いやすさともに保証します。

木材塗装の必需品

耐熱100度の2液型ニス:アサヒペン / 水性2液ウレタンニス

主剤と硬化材を混ぜて使う2液型。一見めんどくさそうですが、付属の「シェーカー」で混ぜて使えば簡単ですよ。

水性なので、使い終わった道具の手入れも簡単です。

けーぶる
耐熱温度が100度と高耐久。DIYでも高いクオリティの仕上がりになります。

大容量ならこれ!:大阪塗料 / ウォルタ

水性のウレタン塗料です。大阪塗料という木部塗料をメインに扱っている会社ですね。

木部用の仕上げ塗料は性能が良く、仕事で実際に使っていました。

ちょい塗り用:和信ペイント / 水性ウレタンニス

少量ならこっち。家で使うのに購入しました。和信も木材メインのいいメーカーです。ウレタンなので耐久性も問題ありません。

まとめ:耐久性を高めるニスはコスパ最高の塗料!

ニスはは手間をかけることで仕上がりが良くなります。めんどくさいと感じるかもしれませんが、効果は抜群です。

もし耐久性を考えるならコスパもいいし、使わない理由がないくらいです。マジで。

焦らず何回も塗り重ねてください。必ずキレイになります。

関連記事【解決策あり】多くの初心者がやっている失敗する木材の塗装【内部】

© 2021 塗装ラボ