塗装道具

【結論】万能タイプが便利!プロが選ぶおすすめのスプレーガン3選

【結論】万能タイプが便利!プロが選ぶおすすめのスプレーガン3選

DIYでもちゃんとしたスプレーガンを使ってもらいたくてこの記事を書きました。

ここで紹介する工具を使うにはエアーコンプレッサーなどが必要となるのでご注意ください

※電動のスプレーガンは用途が違うので、ここでは紹介しません

こんな人に読んでほしい

  • しっかり選べるようになりたい
  • お気に入りの1台を見つけたい
  • とにかく選び方がわからない

今の仕事がまさに「スプレーガン」がメイン。 実際に使っているからこそわかる違いを「選ぶ基準」としています。

なので、よくネットで出てくるランキングとは違うモデルが出てくるかもしれません。

また、ここで解説する選び方を理解することで「自分で判断する力」が身に付きます。

けーぶる
特に難しい解説はしませんので、サクッと読める内容になっているはずです。

失敗しないスプレーガンの選び方

失敗しないスプレーガンの選び方

ここでおすすめするのは「万能型」なので、色んな用途に使えるスプレーガンの選び方になります。

もしプラモデルの塗装など、小さいものにしか使わないのであれば、迷わずエアブラシを選んでください。

基本的に重力式カップを選べばOK

基本的にカップガンがあればOK

万能タイプなら重力式カップ、通称カップガンを選べば間違いありません。

重力式カップの特徴

  • 金属・木材のどちらでも使える
  • 粘土の高い塗料には不向き(ドロドロした)
  • スプレーガンの基本が学べる

選ぶのは「重力式」というタイプでOK。手入れもしやすいので、色替えも楽です。

カップガン 種類

タンクの容量は400cc程ですが、バイクのタンクや車のドアくらいは余裕で塗装できますよ。

けーぶる
小さいものを塗るのにもOKです。

口径が大きいタイプは不要

口径のサイズはΦ1.0〜1.3を選んでください

口径って?

カップガンの吹き出し口のサイズ。口径が大きい程、流れる塗料が多くなる。

口径が大きいタイプはサフェーサーなどに向いています。

けーぶる
塗料の希釈である程度は調整できるので、迷わずΦ1.3までを選べばOKです。

迷ったら岩田を選ぶのが無難

いくつかスプレーガンのメーカーはありますが、迷ったら「アネスト岩田」を選んでください。

アネスト岩田とは?

  • 1926年創業の老舗
  • 人気の塗装機器メーカー
  • 作りがしっかりしている

個人的には「デビルビス」が好きなんですが、定評があるのは岩田ですね。

けーぶる
基本的にデビルビスのほうが軽い。ここは好みですね。

プロが選ぶ万能タイプのスプレーガン3選

プロが選ぶ万能タイプのスプレーガン3選

ここで紹介するのはプロ使用です。はっきり言って安くありません

こんな人は買わないで

  • とりあえずなんでもいい
  • 1回も使ったことがない
  • 使う目的が決まっていない

アマゾンで探せば2〜3千円で買えるので、上記に当てはまる人はそっちを購入してください。基本的にできることは一緒ですし。

けーぶる
スプレーガンは、手入れさえすれば何年も持つのでけっこうコスパはいいんですよ。

アネスト岩田:KIWAMI-1-13B4

  • ノズル口径:Φ1.3
  • 重さ:290グラム
  • エアー:160L / min 

※エアーは1分間あたりの空気使用量

2液型の塗料に特化したセッティング。オールマイティに使えるので「KIWAMI」シリーズの中で迷ったらこれ。

とりあえず持っておくならこういった万能タイプで楽しめます。

>> アネスト岩田「KIWAMI」

アネスト岩田:KIWAMI-1-13B10

  • ノズル口径:Φ1.3
  • 重さ:290グラム
  • エアー:200L / min 

※エアーは1分間あたりの空気使用量

「KIWAMI」シリーズでも、塗料が安定して噴出されるので、塗膜を「均一」にしやすいのがこのモデル。

メタリックカラーなどの繊細な塗装向きの高性能のカップガンですね。

趣味だからこそ変わった塗装とかにチャレンジしてみましょう。

>> アネスト岩田「KIWAMI」

デビルビス:LUNA MARK-2i / 254キャップ

  • ノズル口径:1.0 / 1.3 / 1.5 / 1.8
  • 重さ:265グラム
  • エアー:191L / min 

※エアーは1分間あたりの空気使用量

デビルビスの「ルナ」は岩田に比べると軽い。たった30グラムかもしれませんが、比べてわかるレベルです。

この「254キャップ」は塗装ムラができにくいモデル。もう一方の「255キャップ」とは塗料の吹き出しパターンが違うんです。

ただここだけの話、そんなもんの違いなんか僕はわかりません。どのモデルも十分すぎる高性能。

「254」のほうが薄膜でフラットにできる、、、!みたいです笑

>> デビルビス LUNA MARK 2i

スプレーガンについてよくある質問

スプレーガンって普通わかんないですよね。僕も仕事で使うまでは全部一緒に見えていました。

ここでは調べても意外と出てこない疑問に回答します。

口径はどれを選べばいいの?

Φ1.0〜1.3を選べばOKです。

  • Φ1.0以下:小さいサイズ・補修用
  • Φ1.0〜1.3:幅広く使える
  • Φ1.3以上:粘土の高い塗料など

DIYで使うならΦ1.0〜1.3で十分です。小さいものも塗れますしね。Φ1.0以下なら、エアブラシを選べばいいかなと思います。

スプレーガン 調整

けーぶる
3るのバランスが大切。調整すればけっこうなんでも塗れますよ。

電動のスプレーガンはよくないの?

電動スプレーガン

上記のような電源コードやバッテリータイプは、繊細な塗装に向いていません。

コンプレッサーを使うスプレーガに比べて、塗料が細かい霧状にならないので、車とかプラモデルとかに使うのは厳しいです

凹凸のある外壁とかクロスならだいじょうぶです。

低圧のスプレーガンってなに?

弱いエアーでも塗料がキレイな霧状になるタイプのガンです。

  • 周囲へ塗料が散りにくい
  • 塗料が塗るものに付きやすい
  • ゆっくりのスピードで塗れる

エアー量が少なくても仕上がりがキレイになる。塗料の消費が少なく、コンプレッサーのエアーも少なくて済むのでエコ

ただ慣れたらちょっとかったるい。

おすすめのメーカーはどこ?

好みでOKかなと思います。

  • SATA(さた)
  • アネスト岩田
  • デビルビス
  • 恵宏製作所
  • 明治機械製作所

僕はアネスト岩田とデビルビスしか使ったことがないので、他のメーカーはよく知らないです。

上記の中ならどれを選んでもハズレはないかなと思います。

スプレーガンの種類ってたくさんあるの?

基本的には下記の3つを覚えておけばOKです。

  • 重力式(じゅうりょく)
  • 吸上式(すいあげ)
  • 圧送式(あっそう)

この記事でも紹介した重力式がおすすめ

圧送式は、本体とは別に2Lなどのタンクから塗料を送る方式。

圧送式について簡単に説明すると、「塗料」と「エアー」2本のホースに繋がれているタイプ。タンク大きいので作業効率を上げることができます

ただ、手入れの手間が増えるので完全にプロ向きです。

スプレーガンの圧力計は必要?

個人的には不要かなと思います。

けっきょく毎回塗るものが違うので、感覚で覚えたほうが早いです。

そこまで高価なものではないので試しているのもいいですが、慣れてきたらジャマに感じるかもしません。

安物のスプレーガンはよくないの?

わけのわからないメーカーはやめておきましょう。

  • SATA(さた)
  • アネスト岩田
  • デビルビス
  • 恵宏製作所
  • 明治機械製作所

上記メーカーで数千円のモデルを選ぶのが無難。

試しにアマゾンで千円ちょいのを購入しましたが、さすがに作りが雑でした。おすすめしません。

まとめ:スプレーガンは手入れをすれば長持ちする!慣れてから考えるべし!

スプレーガンを選ぶなら

  • 使い方が決まっている
  • お気に入りの1台を持つ
  • 手入れの方法をしっかり学ぶ

ここで紹介したのはプロが使う「通称カップガン」。しっかり目的があって作られたモデルばかりです。

もちろん誰にでもおすすめできる安物ではありません。しかし、慣れてきたのなら、道具はちゃんとしたものを使うべきかなと思っています。

けーぶる
自分の道具を持つという意識がないと、ちゃんと手入れをしようとも考えませんしね。

関連記事【プロが教える】スプレーガンの洗浄方法と長持ちさせる管理の仕方

© 2021 塗装ラボ