塗装道具

【プロが厳選】塗装をするうえで絶対に必要な基本道具を5つ紹介

【プロが厳選】塗装をするうえで絶対に必要な基本道具を5つ紹介

 

塗装歴が9年目になりました。

塗装の仕事をしていると色んな道具を使う機会が多いです

 

今回はその中でもこれだけは外せない、これはずっと使っているなっていう道具を紹介します。

 

この記事で紹介する道具

ここで紹介するのは、あったら便利なものではなく、ないと仕事にならない道具です。

 

めちゃくちゃ基本的な道具ではあるんですが、プロがどんな基準で選ぶのかを参考にしてみてください。

 

けーぶる
長く使える道具なので、DIYで役に立つこと間違いなし!

 

塗装をするのに絶対に必要な5つの基本道具

塗装をするのに絶対に必要な5つの基本道具

 

シンプルな道具ばかりですが、それぞれ何年もかけて「これだ!」ってたどり着いた道具ばかりです

 

腰袋

腰袋に入れる道具

  • カッター
  • ラスター
  • 皮スキ or パテベラ

 

塗装現場で活躍するのは3丁差しタイプです。動きやすさが抜群。

 

大工さんみたいに釘やビスを入れるわけではないので、シンプルで邪魔にならないものじゃないとダメ。

 

大きいものは足場に当たったり、塗装中の動きを邪魔するんですよね。

 

けーぶる
養生道具は持ちやすいサイズのカゴに入れて持ち運ぶのが塗装屋スタイルです!

 

皮スキ

皮スキの主な使いかた

  • 鉄部のケレン作業
  • 塗料缶のフタ開け
  • 塗料の天切り・潰し

 

幅90ミリくらいのサイズが安定しています。

 

皮スキは使うシチュエーション多い。特に塗料缶を開けたり、使い終わったに缶を潰したりするのは基本ですね。

 

※動画を再生すると音が出るので注意してください

 

一斗缶の天切り

 

缶切りの要領でやるとうまくいきます。慣れないうちは手を切りやすいので、必ず手袋をつけてやってください。

 

一斗缶の潰し方

 

天切りのあとはひっくり返して切り込みを入れればOK。角のほうまできれいに切り込みを入れると潰しやすいですよ。

 

丸缶の場合

丸缶 潰し方

 

けーぶる
丸缶の場合はバッテンに切り込みを入れて潰します。ただ、固くて潰しにくいです。

 

パテベラ

パテベラの使用例

  • ケレン作業
  • 内装パテ全般
  • 養生の角や際の抑え
  • オイルステンの拭き取り

 

主に内装の塗装用。オイルステンの拭き取りのときにウエスと組み合わせて使うし、角とかの細かい掃除のときでも役立つんです。

 

ヘラ=パテのイメージが強いかもしれませんが、それ以外の用途も多いんですよ。

 

おすすめの大きさ

  • 50ミリ:腰袋に丁度いいサイズ
  • 125ミリ:ジョイントパテにも使える

 

石膏ボードのジョイントパテに使うなら、下塗り用に幅125ミリを使うといい感じ。

 

けーぶる
上塗りパテを使うときは、もっと柔らかいパテベラで幅185ミリくらいは必要です。

 

ジョイントパテ用上塗り用

※コシが弱くて上塗りパテに最適

 

ラスター

ラスターの用途

  • 掃除・はたき用
  • リシン壁などの塗装

 

基本的には塗装前にゴミをはき落とすために腰袋に入れておく道具です。

 

  • 室内用:柔らかいタイプ
  • 屋外用:コシのあるタイプ
  • 塗装用:豚毛などの硬いタイプ

 

リシン壁などに高粘度の塗料を使うときは、豚毛のラスターで塗ります。

 

けーぶる
普通の刷毛じゃすぐにボロボロになるんですよね。 とはいえメインは掃除用なので、柔らかいタイプがおすすめです。

 

カッター

おすすめのカッター

  • オートロック式
  • ツメがあると便利

 

ほとんど紹介する必要のない道具なんですが、どうしても黒刃だけは紹介したくて、、、 これマジで使ってみてください!

 

OLFA:黒刃

※サイズは大です

 

塗装では力を入れてカッターを使うことがほとんどありません。 なので、オートロックで十分

 

ツメに関してはあれば便利かな(塗料缶のフタを開けたり)というおまけ程度です。

 

けーぶる
黒刃の切れ味を覚えると普通の銀色の刃には戻れませんよ、、、!

 

おまけ:初心者でも失敗しない塗装道具の選び方

おまけ:初心者でも失敗しない塗装道具の選び方

 

ここからは塗装ではかかせない道具の選び方を初心者向けに解説します。

 

刷毛は40ミリを選ぼう

刷毛は40ミリを選ぼう

 

刷毛は上記の写真のような「筋交刷毛(すじかいばけ)」の40ミリが最適です。

 

刷毛は大きいものほど使いこなすのが難しくなります。なんなら初心者は30ミリでもいいくらい。

 

ローラーをメインに使うなら、目地刷毛だけでもいけます。

 

けーぶる
簡単そうに見えますが刷毛を使いこなすのは難しいです。なるべく小さいサイズを選ぶべし!

 

ローラーはスモールローラーでOK

ローラーの種類

  • レギュラー:内径38ミリ
  • ミドル:内径26ミリ
  • スモール:内径16.5ミリ

 

基本的に6インチまでがスモール、7インチ以上はミドル、レギュラーになります。

 

ローラーのハンドルに違いがあるんですが、6インチ以上のタイプはあまり使いません。

 

けーぶる
一般的な住宅の外壁なら6インチでも十分ですよ。

 

養生道具は無駄なものを買う必要はない

 

マスカーは550と1100。マスキングテープは18ミリと30ミリがあればだいたいのことができます。

 

特によく使うのが550のマスカーと、18ミリのマスキングテープです。

 

けーぶる
よくわかんないサイズはいりません。

 

まとめ:DIYでも塗装道具はしっかり揃えよう!

 

それではまとめです。

 

必ず持っておきたい塗装道具は下記の5つ

 

どれも仕事をするうえで欠かせない道具ばかり。すべて今でも使っています。DIYで塗装をするならぜひ揃えておきましょう。

 

塗装道具は消耗品が多く、使い続けていく道具っていうのはそんなに多くありません。

 

今回紹介した道具は、大工さんでいうところの「かなづち」や「バール」的な位置づけですね。

 

けーぶる
かなり地味な道具ですが、必ず使うものばかり!

 

関連記事【神】15年の職人経験で厳選したDIYに抜群のプロ仕様の道具7選

© 2020 塗装ラボ