塗装道具

【図解あり】塗装ローラーの選びかたを解説!初心者OK!もう迷わない!

【図解あり】塗装ローラーの選びかたを解説!初心者OK!もう迷わない!

 

けーぶる
塗装歴9年の僕が、ローラーの種類、選び方をどこよりもわかりやすく解説します。

 

正しくローラーを選ぶことができると、誰でも簡単に塗装の仕上がりがUPしますよ。

 

ローラーを選ぶポイント

  1. スモールローラー
  2. 18ミリ前後の毛丈
  3. マイクロファイバー

世の中にはたくさんの種類のローラーがありますが、まずは上記のポイントを抑えるだけでも失敗は減ります

変なローラーはほんと無理。間違いなくキレイに仕上がらないです。

 

せっかく塗装するならキレイに塗りたいですよね。そしたら、ちょっとでいいから基本的な選びかたは覚えておきましょう。

 

この記事を読めば、初心者でもローラー選びで迷うことはなくなります!

 

とりあえずおすすめを知りたい人は「おすすめのローラー」へどうぞ。

 

ローラーの種類は大きく分けて4タイプ

レギュラー ミドル スモールローラー

  • レギュラー:ほぼ使わない
  • ミドル:7インチ以上のローラー
  • スモール:扱いやすくて種類も多い

 

近年は6インチが人気で種類も豊富。それぞれハンドルの形が違います。

 

ミニスモールローラー(ミニコロ)

ミニスモールローラー

 

通称「ミニコロ」です。わりと新しいタイプですが、人気なので種類もどんどん増えてきています

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

レギュラーローラー:基本プロ向き・使用頻度は低い

レギュラーローラーの特徴

  • 重たい
  • 安定感がある
  • 7・9インチ用

レギュラーローラーの特徴

 

レギュラーローラーは支えがしっかりしているので力が均等に伝わるような構造になっています。

 

よく、サイズが大きいから広い面積の塗装に向いていると言われますが、それは間違いです。

 

正しくは、広くてフラットな形状の壁などをつなぎ目を少なく塗るためのもの

 

微妙な力加減がローラーに伝わりやすいので砂骨ローラーを使うのにも向いています。

 

向いている作業

  • 石膏ボードの塗装(内装)
  • 瓦棒などを屋根を塗るとき
  • 外壁のマスチック(砂骨ローラー)

 

プロ級の仕上がりが求められるときなど、かなりテクニックが必要なケースが多いですね。

 

一般住宅でつかうことはほとんどありません

 

けーぶる
使い終わった後のローラーハンドルの掃除も大変。サボるとすぐ固まってゴミになります。

 

ミドルローラー:7インチ用・使用頻度は低い

ミドルローラーの特徴

  • ほぼ7インチ用
  • そこそこの安定感
  • 使用頻度が1番低い

ミドルローラーの特徴

 

レギュラーよりも使いやすいけど、中途半端な性能。どこに使うのかと聞かれたら悩みます。

 

ハンドルの金具が端まで入るので、安定感もそこそこあるんですが、そもそも7インチを使うことが少ない

 

6インチじゃ小さいけど、レギュラーローラーを使うまでもないっていうケースってあんまりないんですよね。

 

ハンドルの作りがシンプルなので、洗うのは楽。

6インチじゃ物足りないっていうかなりスポット的な感じの使いかたですね。

 

けーぶる
実際に使ってはいたんですけど、あんまり使った記憶がありません。

 

スモールローラー:使いやすくて種類も豊富・万能タイプ

スモールローラーの特徴

  • 種類が豊富
  • 使いやすい
  • 4・6インチ用

スモールローラーの特徴

 

使用頻度が高くてラインナップも充実。ローラーといえばこれです。

 

このスモールローラーを使っていればOK。メーカーから出ているのもほとんど6インチ用です。

 

基本的に6インチを使うことが多いです。4インチはミニコロの登場で出番は減りました。外壁の塗替えもこれで十分。

 

強いて悪いところいうなら、安定性はレギュラーローラーに比べて劣ります

 

向いている作業

  • 壁の塗装(外部・内部)
  • 屋根の塗装(ほぼ全般)
  • 一般的な塗装(DIY全般)

 

けーぶる
特殊な塗装やシチュエーションはレギュラーローラー、それ以外はスモールローラーでOKです。

 

ミニスモールローラー:かゆいところに手が届く・初心者におすすめ

ミニスモールローラーの特徴

  • 狭い場所の塗装用
  • めちゃくちゃ軽い
  • 1〜4インチに最適

ミニスモールローラーの特徴

 

ミニスモールローラーはちょっとした塗装、狭い場所に最適。刷毛の出番が減りました。

 

需要が高く、メーカーからもどんどん商品が出ています。

 

汎用性が高く、入り組んだ場所、スモールローラーが入らない場所(3センチ以下の隙間など)も快適に塗装できるすぐれもの。

 

けーぶる
刷毛じゃなきゃ塗装できなかった狭い場所や隙間が楽チン!

 

ローラーハンドルの長さで塗れる範囲が決まる

ローラーハンドルの長さで塗れる範囲が決まる

 

基本的にどれだけの範囲を塗るかで選ぶもの。

手の延長のようなものなので、長くなるにつれてさばくのが難しくなります。

 

けーぶる
基本的にショートを選べばOKです。

 

外壁などによく使われるのはショートハンドル

 

外壁のような凹凸のあるデザインの場合はショートが使いやすいです。

 

  • さばきやすい
  • 力を入れやすい
  • 1度に塗る範囲が狭め

 

ショートハンドルは短い分、力がローラーに伝わりやすいのが特徴。外壁のような凹凸が多いものを塗るのに使いやすいです。

 

けーぶる
扱いやすいので、使う頻度が多いのはショート。

 

ロング・スーパーロングが適しているのは屋根・天井

 

ロングのような長いハンドルを使うのは、つなぎ目を減らしたいから。

 

天井や屋根(瓦棒など)の、とくに凹凸のないデザインはつなぎ目がでるとかなり目立ちます

 

つなぎ目をなくすには?

  • 重ね目を作らない
  • すべて均等な量を塗る
  • ローラーのパターンを一緒にする

 

上記を満たすには端から端まで1回で塗る必要があります。

 

2m程度ならロングや、スーパーロングのハンドルを使って1回で通して塗ることが可能です。

 

ちなみに超テクニックがあれば、途中でつないでもパターンを一緒にできる。ただ、めっちゃ神経使うし疲れます

 

けーぶる
つまり、なるべく通して塗ったほうが楽なんです。

 

継柄(つぎえ)を使うのはかなりテクニックが必要

 

ローラーに取り付ける継柄(つぎえ)を使いこなすのはめちゃくちゃ難しいです。素人が使うものではありません。

 

塗装ローラー 継ぎ柄

 

継ぎ柄の先に包丁つけて野菜切ってる感じをイメージしてもらえればいいかなと思います。

 

思ったように動かないんですよね。

 

継ぎ柄を使うとき

  • 天井
  • 屋根や床

 

けーぶる
手の届かない高い所を塗ることもありますが、3m以上通して塗るときに使います

 

ローラーの「毛丈」の正しい選び方・使い分け

ローラーの「毛丈」の正しい選び方・使い分け

  • 長毛:凹凸にも対応
  • 中毛:バランスが良い
  • 短毛:仕上がりを重視

 

仕上がり、使いやすさのバランスがいい毛丈が17〜20ミリのタイプがおすすめ。

 

短毛に適しているのはフラットな壁や板金(金属)部分

短毛 ローラー

  • 仕上がりがキレイ
  • フラットな平面向き
  • 1度に塗れる量が少ない

 

短毛は仕上がりの肌がきれいなので、板金などフラットな平面に向いています。

ただし、塗料の含みが悪く広範囲を塗るのはきつい。

 

向いているもの

  • 金属の板
  • プラスチック
  • カラーBOXなど

 

ちょっと塗りにくいので、特に仕上がりをキレイにしたいときのみ使うのがいいかもしれませんね。

 

中毛は万能タイプで使用頻度が多い

中毛 ローラー

 

中毛は使える場所も多い万能タイプ。

毛丈が短ければ仕上がりもキレイですが、中毛くらいの長さになるとそこまで変わりません。

 

ここではローラーの種類で差が出るので、仕上がりのキレイなローラーを選ぶの必要があります

 

向いているもの

  • 外壁
  • 内装・壁
  • 内装・天井

 

基本的になんでもOKなので、とりあえず中毛を使っておけばいいかなと思います。

 

けーぶる
迷ったら13〜17mmを選びましょう!

 

長毛は凹凸が多い外壁かコロニアル屋根に適している

長毛 ローラー

  • 仕上がりが荒い
  • 凹凸に対応できる
  • 1回に塗れる範囲が広い

 

毛丈が長いので、凹凸によく馴染む。

また、塗料の含みもいいので作業スピードを重視するときにも使います。

 

向いているもの

  • コロニアル屋根
  • サイディング全般
  • 凹凸の多いデザイン壁

 

凹凸が多い外壁や、コロニアル屋根に使うことが多いですね。

 

仕上がりの肌が荒いので、フラットな面には不向き。内装工事にはあまり登場しません

 

けーぶる
25mm以上は使用頻度が少なめです。

 

おすすめのローラー「マイクロファイバー」を紹介

おすすめのローラー「マイクロファイバー」を紹介

 

性能で選ぶなら、極細繊維で作られているマイクロファイバーを選びましょう。これ使ったら普通のローラー使えませんよ。

 

マイクロファイバーは泡立ちが少なく仕上がりの肌もきめ細かい

 

マイクロファイバーは今の主流。すべてのメーカーから出ていて、ラインナップも多いです。

 

マイクロファイバーを使うメリット

  • テクニックが必要ない
  • 仕上がりがキレイになる
  • 周りに塗料が散りにくい

 

仕上がりを重視するなら他のローラーを使うのはやめましょう。

 

けーぶる
使ってみれば誰でも違いがわかりますよ。

 

おすすめのスモールローラー

大塚:マイクロエース

おすすめの使用箇所

  • ベニヤ板
  • ケイカル板
  • 石膏ボード

 

とにかく仕上がりがキレイなので、フラットな箇所でもOK。

 

水性、油性でも使える万能品なので、これを1個持っていれば安心です。

 

タイホウ:黒虎

おすすめの使用箇所

  • 外壁
  • クロス壁
  • モルタル壁

 

黒虎はふっくらした材質なので、凹凸への対応力が抜群です。

 

マイクロエースに比べると仕上がりがやや劣るものの、内装に使えるレベル

 

おすすめのミニスモールローラー

大塚:ミニスモールローラー

 

マイクロエースの性能をそのままにサイズだけちっちゃくした感じのローラー。

 

けーぶる
デメリットは特になしです。

 

タイホウ:赤虎

 

毛丈は10ミリですが、凹凸になじむ使いやすさは抜群。

 

けーぶる
これもデメリットないように感じます。

 

結論!迷ったらスモールローラー・ミニスモールローラーでOK!

結論!迷ったらスモールローラー・ミニスモールローラーでOK!

 

それではまとめです。

 

ローラーは色んな種類がありますが、使いやすいものは限られています

 

ローラー選びのポイント

  • スモールローラー
  • 18ミリ前後の毛丈
  • マイクロファイバー

 

とりあえず上記を基準にすればOKです。おすすめは「おすすめのローラー「マイクロファイバー」を紹介 」をご覧ください。

 

けーぶる
テクニックがなくてもローラーを変えれば仕上がりも変わります。

 

関連記事【神】15年の職人経験で厳選したDIYに抜群のプロ仕様の道具7選

© 2020 塗装ラボ