テクニック

ローラーバケットのカバーは必要ない?!DIYで使えるマスカーの活用術

ローラーバケットのカバーは必要ない?!DIYにオススメ【マスカーの活用術】

今回は現場でよく使っていた「マスカー」の活用術を紹介します。

塗装というのは消耗品がとても多いです。洗って使うものもありますが、ローラーは基本的には使い捨て

バケットは何回も使えるので汚れないように専用のカバーがあります。そんなに高いものではないんですが、使い捨ては少しもったいない

でも洗うのも結構手間。めんどくさい、、、

そんなときは、マスカーを使えばバケットが汚れないように養生ができますよ!

マスカーを使うメリット

  • 安い
  • 簡単にできる
  • 捨てるのも楽

職人のローテク。画像多め、文章少なめの記事になっております。

マスカーを使ったバケットの養生方法

マスカーを使ったバケットの養生方法

用意するもの

  • バケット(サイズはどれでもOK)
  • ローラー用ネット
  • マスカー(550がオススメ)
  • ガムテープ(マスキングテープでもなんとかOK)
  • カッターまたはハサミ

ホームセンターでも手に入るので、是非。

まずはローラー用ネットの養生

まずはネットを裏返しにして、、、

マスカーを貼っていきます。

こんな感じで、グルグルっと…まわしながら、、、

一周させてカッター切ります。重ねは余裕もってくださいね

余分な分は切ってもいいですが、面倒なので巻いてきます。

こんな感じで中に塗料が入らないように閉じます。裏側なので、閉じてさえあれば見た目はどんなのでもOK

上の部分もガムテープで閉じます。

表はこんな感じ

完成!慣れたら簡単のできます。

バケット本体の養生

こんな感じでガムテープを両面テープみたいにします。

丸めたガムテープをバケットの底、四隅にはりつけてください。

次はマスカーを貼っていきます。バケットの向きに注意してください

バケットの左右に30~40センチくらいはみ出した長さに切りましょう。短いと全体を覆えなくなります。

ゆっくり、やぶけないようにマスカーを広げます。

そして中に織り込むようにガムテープに貼り付けていきます。

無理に引っ張らずゆとりをもって貼るようにしてください。ここで「浮き」があると使っているときに破けてしまいます。

こんな感じで四隅を止めたらOK!少し雑ですが笑

次は外にはみ出した余分なナイロンを止めていくのですが、ここでも無理に引っ張らず、手で押さえて「浮き」がないように止めていきます

こんな感じで、、、

周りをグルグルっと、、、

止めたら、、、雑ですね笑 

完成!たくさんとめると、バラすのが大変なので最小限で大丈夫です。

ネットを付けるとこんな感じです。

ネットの留め具の部分にガムテープが来ないように注意しましょう。無理にはめると破損する恐れがあります。

使い終わった後は逆の手順でばらしていき、画像の状態にすれば、手を汚さずにバラせます。ちなみにこの最後に破ける事が多いので注意しましょう

【おまけ】マスカーでゴミ袋を作る

マスカーを広げて、、、

折り返して、、、

片方をガムテープで止めたら、、、

完成!

以上、マスカーの活用術でした。

バケットカバーは1枚130円程度で買えますが、仕事で毎日使うと結構な量を使うので、節約のための職人のローテクです

マスカーなら100センチ程で済むし、気兼ねなく使い捨てできます。

是非お試しください。

関連記事ホームセンターの塗料(ペンキ)は高い【室内の壁を塗るならこれでOK】

© 2021 塗装ラボ