塗装の仕事

塗装屋の仕事内容と年収を公開【低学歴でも稼げる世界】

塗装屋の仕事内容と年収を公開【低学歴でも稼げる世界】

 

建築塗装に興味を持っているあなたは、塗装業界にどんなイメージをもっているでしょうか。

 

この記事は5年間の塗装経験をもとに書きました。

 

  • 塗装屋の仕事内容が知りたい
  • 給料はどのくらい?必要な資格はある?

 

このような疑問に答える内容になっています。

 

もしも、毎日同じ作業の繰り返しで「飽きた」と感じているなら、建築塗装の職人はおすすめできます。

 

学歴は関係なく、下手な工場勤務よりは稼げる職種です。

 

学歴よりも経験がすべての世界のことをお話します。中卒でも年収500万くらいなら狙えるはずです。

 

建築塗装の仕事内容とは?

建築塗装の仕事内容とは?

 

現場仕事なので、毎日現場まで車での移動です。1つの現場の平均滞在期間は1週間で、短いものだと半日で終わったりもします。

 

建築塗装の仕事でメジャーなのは「住宅の塗り替え工事」です。

 

主な作業内容は下記にまとめました。

 

  • 高圧洗浄
  • 養生
  • 下地処理(ケレン等)
  • 塗装(ローラー、刷毛塗り)

会社によっては「足場組立」「シーリング工事」もやっている所もありますが、基本的には塗装屋の仕事ではありません。

 

大まかな作業の流れ

  1. 下地処理
  2. 養生
  3. 塗装

 

足場の上での作業なので、危険な作業が多いです。特に夏場はきつく、体力のない人は厳しいかもしれません。

 

塗装職人の1日のスケジュール

 

実際に働いていた1日の流れを紹介します。

6:30~出勤(会社到着)
8:00~10:00作業(現場到着)
10:00~10:30休憩
10:30~12:00作業
12:00~13:00昼休憩
13:00~15:00作業
15:00~15:30休憩
15:30~18:00作業(片付け)

朝の出勤時間と、片付けの時間は現場によって変わります。だいたい片付けも含めて18時くらいに現場を出るような感じが多かったです。

 

朝が苦手な人は、慣れるまでは大変かも知れません。通勤や移動時間も入れると「拘束時間」は長めですね。

 

同じ所に通う期間が短い

 

塗り替え工事になると、1つの現場にいる期間のはだいたい1週間~2週間です。

 

マンションの塗り替えや、ゼネコンの大きな現場に入らないかぎりは滞在期間は短くなります。

 

  • マンションの塗り替え⇒1ヶ月~
  • 一般住宅の塗り替え⇒1週間~
  • その他の塗装工事⇒1日~3日

 

会社ではなく、現場にいる時間が長いので「通勤」の感覚は一般的な工場勤務と違うものになると思います。

 

作業内容は毎日違う

 

毎日似たような作業ですが、現場塗る物扱う塗料が違うので、飽きっぽい人にはいい刺激になるでしょう。

 

こちらの塗装屋(ペンキ屋)になるメリットはある?【現役の塗装工の僕が解説】も読むことで、より理解が深まります。

 

単純作業のように見えますが、全体の流れを見ながら段取りを考えるので、柔軟な対応が求められます。

 

特に天候の影響を受けるので、常に変化し続ける環境に慣れるのが大変かもしれませんね。

 

建築塗装屋の年収について

建築塗装屋の年収について

 

僕が勤めた会社は、未経験の25才で年収360万くらいでした。

 

働いてみた印象としては「若いうちからそれなりに稼げる」って感じですかね。

下手な工場勤務よりは早い段階で稼げると思います。

 

塗装屋の給料は技術次第でアップ

 

僕が働いたのは25才と遅めですが、10代の頃からの働いている人たちは20代にはバリバリの職人です。

 

○○年働いたから昇給というよりも「できる仕事が増える」と給料も上がります。

 

日給月給が一般的です。

 

  • 経験:1年~⇒1日=8,000円~10,000円
  • 経験:5年~⇒1日=10,000円~15,000円
  • 経験:10年~⇒1日=15,000円~18,000円

 

ざっくりですが、年収でいうと、230万~500万円くらいですね。年齢=高給取りではないので、若いうちから頑張って働けば「同年代」より稼ぐチャンスもあります。

 

確定申告は、会社によると思います。僕は会社にやってもらっていました。

 

冬に仕事がない塗装屋は年収がダウン

 

冬の建築業界は仕事が減ります。ゼロにはならないですが、会社によっては「冬期間の失業保険」の手続きをするところもありますね。

特に雪の降る地域に多いと思います。

 

どちらにせよ収入が減る可能性が高いので注意が必要。

 

冬場を乗り切るため対処法は2つ

  • 対策.1:冬も仕事がある会社に勤める
  • 対策.2:暇を有効活用して副業

 

これは会社選びのときによく考えて調べておきましょう。

 

冬だけ「副業」や「バイト」に使うのもあり。ただし失業保険が適応されると、バイトの収入を申告しないと罰せられるので注意です。

 

建築塗装工になるために必要な資格

建築塗装工になるために必要な資格

 

塗装作業に関しては特に資格は必要なく、基本的に誰でも塗装できます。

 

主な資格はこちら

  • 1級、2級塗装技能士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 職長・安全衛生責任者
  • 高所作業車運転技能
  • 足場の組立て作業主任者

 

とはいっても資格を持っていると「優遇」されることもあるので、持っていて損はないと思います。

 

資格よりも経験が大切

 

僕も資格を持っていますが、持っていても技術がアップするわけではないので、おまけ程度考えています。

 

資格より経験の方が大事です。ハッタリはきくかもしれませんが僕はただの資格という感じで思ってます。

 

大きい現場に入るときは記入することもあるので、ないよりはあった方がという程度です。

 

まとめ:塗装屋は年齢や学歴ではなく「経験」で稼げる職業

 

建築塗装は若いうちから稼ぐチャンスがあるのが魅力の職業です。

 

大手企業も終身雇用が難しくなっているのに加えて、年金の受給額も年々減少しています。

 

手に職を持つことで、自分の生き方を変える「選択肢」の1つになります。

会社に依存しないで生きていく方法として「起業」の難易度も低めです。

 

建築現場はまだAIに仕事をとられることもなく、これからも「リフォーム」の分野は伸びています。

 

  • 技術を身につけれる
  • 起業の難易度が低い
  • 冬に副業のチャンス※地域による

 

職人はハマる人には魅力のある仕事でだと思います。

 

以上です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

関連記事建築現場の塗装工って将来性はある?【生き抜くために必要なこと】

関連記事塗装屋に就職するあなたが会社選びに"失敗"しないためにすべきこと

© 2020 塗装ラボ